事業紹介

居宅・相談事業

居宅・相談事業の想い・特徴

居宅介護支援事業とは、介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等にそってケアプランを作成したり、さまざまな介護サービスの連絡・調整などを行うサービスの事です。

相談支援事業とは、障がいのある方が自立した日常生活・社会生活を営むことができるよう、各種の相談や必要な支援を行なうサービスの事です。相談支援事業所りらっくすでは、障がいのある方やご家族等からの福祉に関する各種相談に応じ、情報の提供や助言、福祉サービス利用援助等の必要な支援を行っています。相談に要する費用は無料です。お気軽にご利用ください。

▲Page Top